植物について

水やり

とにかく「土が乾いてからたっぷりと」が肝心

タイミングと量

鉢植えのものは、必ず土が乾いたことを確認してから、
鉢の底の穴から水が流れ出るまでたっぷりと与えるのが基本。
毎日少しの水をチョロチョロ与えて土が常に湿っている状態は好ましくありません。
与える時にはたっぷりと、与えない時には一切与えない、と
しっかりメリハリをつけて水を与えるのがポイントです。

水やりには、土の中の老廃物を押し流して空気を入れ替える役割もあるので
必ず底から流れ出るまでたっぷりの水をあげましょう。
水やり後は、ソーサーや器にたまった余分な水を捨てて、
風通しの良い場所で土を乾かすことも忘れずに。

時間帯

植物は昼間に日光を浴びて生長するため、
一般的に午前中の水やりが最適と言われています。
特に真夏の昼間と冬の夕方の水やりは厳禁です。
真夏の昼間は土の中の水分が高温になり、根が傷んだやけど状態に、
また冬の夕方~夜間は気温が一気に下がり、土と根が凍ってしまいます。
img-01

葉水

植物は、根だけでなく葉や茎からも水分を吸収します。
乾燥する室内では、霧吹きで植物全体に水分を与える「葉水」をすることで
水分補給を助けるだけでなく、周囲の湿度を上げたり、気化熱で温度を下げたりします。
屋外ならシャワーで一気に水をかけてもOK!
葉の裏側にも霧吹きすることで、害病中の予防になります。
FAQ よくあるお悩み、困ったときは。
Shop tool 店頭サポートツール
商品のPOPデータを提供しています。店頭での販促にご活用ください。
このページの先頭へ