How to植物の育て方

Home > よくあるご質問 > トラブル・害病虫 > 緋牡丹(カラーヘッドサボテン)が腐ってきた

よくあるご質問

よくあるお悩み、困ったときは。

緋牡丹(カラーヘッドサボテン)が腐ってきた

緋牡丹(カラーヘッドサボテン、接木サボテン)の中でも
特に台木(下の緑色のサボテン)に「三角柱」という品種を使っているものは
育てているうちに台木が腐ってくることがありますが、これは三角柱の寿命によるものです。

もともと、上に乗っている「緋牡丹」というサボテンは葉緑体を持たないため
台木となる別のサボテンに接木することで、そこから養分をもらって生長しています。

Do!で使っている三角柱という台木は、切り花と同じようにいつかは腐るため
買ってきた苗を一定期間楽しむのに向いています。
台木が腐って枯れると、上の緋牡丹も養分がもらえなくなるため枯れてしまいます。

<台木が枯れた後も楽しむには?>

緋牡丹を台木から切り離し、他の台木に接木することで再び生長を楽しむ方法があります。
また、緋牡丹に子株がぽこぽこついている場合は、それを外して接木することもできます。
ただし、接木にはやや技術が必要となるので、
十分調べてからチャレンジしてみてください。
また、台木にするサボテンの中には三角柱のように寿命が来ない品種もあります。

こちらで解決しない場合は、以下よりお問合せください。
お問い合わせ
Knowledge お客様への説明にも役立つ!植物にまつわる、豆知識。
Shop tool 店頭サポートツール
商品のPOPデータを提供しています。店頭での販促にご活用ください。
このページの先頭へ