How to植物の育て方

Home > 品種別育て方 > チランジア(エアプランツ) > エアプランツ(チランジア)の基本の育て方

植物についてトップ > 品種別育て方トップ > エアプランツ(チランジア)の基本の育て方
DSC00359

エアプランツ(チランジア)の基本の育て方

「水要らず」は誤解です!

エアプランツ(チランジア)の基本情報

  • パイナップル科 チランジア属
  • 原産地:中央~南アメリカ、西インド諸島など
  • 学名:Tillandsia 別名:エアプランツ、エアープランツ

エアプランツ(チランジア)の育て方

置き場所(日当たり)

明るい日陰で育てます。
寒さには強いので、霜や雪に当たらない場所で
こまめに水やりをしていれば屋外でも育てられます。
非常に湿気を好むため、加湿器のかかっている部屋や光の入るお風呂場で育てるのもよいでしょう。


水やり

とても湿気を好む植物です。
春~秋の暖かい時期は、2~3日に1回霧吹きで全体を湿らせるか、器に貯めた水に浸けます。
夕方に気孔を開き水を吸収する性質があるので、時間帯は夕方がおすすめ。
翌朝株全体がしっかり乾いているようなら、毎日水をあげてもいいでしょう。
暖かい室内に置く場合は冬でも2~3日に1回の水やりを。
寒いところに置いている場合はもう少し頻度を下げます。
水をやった後は風通しのよい場所で乾かして、
葉と葉の間などがずっと濡れている状態にならないよう注意します。


肥料

春~夏の生長期は、水やりの際、2回に1回の頻度で液体肥料を混ぜて与えます。
液体肥料は1000倍程度に薄めます。生長期に栄養を与えることで、
旺盛に生長する姿を楽しめます。


こんな時は(トラブル)

  • ・葉の先が茶色く枯れてきた
    →水不足の可能性が高いです。毎日の霧吹きを続けてみてください。
  • ・1週間以上水やりができなかった
    →長期間水やりができなかった場合は、霧吹きではなく、
    器に貯めた水に浸す「ソーキング」でたっぷり水分を吸収させるのがおすすめ。
    数分浸した後、風通しの良い場所で乾かします。
  • ・根本から葉がボロボロと剥がれてくる
    →長時間根本が湿っていたことにより腐った可能性が高いです。
    水やりの後は1日程度で全体が乾くよう、風通しの良い場所においてください。

ポイント・コツ・特徴など

ひとくちにチランジアと言っても数え切れないほどの品種があり、
基本的な育て方は同じですが、それぞれに姿も性質も異なります。
花を咲かせる品種もたくさんあるのでぜひ大きく生長させてみてください。

Do!で扱っている商品(卸専用)

エアプランツ S/M

エアプランツ S/M

エアプランツ L/XL

エアプランツ L/XL

チランジア カンガルーポケット

チランジア カンガルーポケット

キセログラフィカ、ストレプトフィラ

キセログラフィカ、ストレプトフィラ

チランジア ウッドプレート

チランジア ウッドプレート

こちらで解決しない場合は、以下よりお問合せください。
お問い合わせ

同じ品種の育て方

DSC00310

ウスネオイデス

根は無く、原産地では木などに垂れ下がって生長する不思議な植物。

FAQ よくあるお悩み、困ったときは。
Shop tool 店頭サポートツール
商品のPOPデータを提供しています。店頭での販促にご活用ください。
このページの先頭へ